2017年03月23日

お金が無いので節約しましょう

退職すると自由に使えるお金が少なくなるのは覚悟していました。

現役時代一番出費が多かったのは交際費でした、私の考え方は仕事上の付き合いは勿論、プライベートの付き合いも大切にしました。

友人を多く持つと、それが得難い財産だと思っていましたのでお金は残りませんでしたが友達は多く出来ました。


退職すると交際費は余り掛かりませんが入って来るお金もかなり少なくなりました。

毎月のお小遣いも半額にせざるを得ません。


長期延滞中でも融資


毎月図書購入費が3~5000円程掛かっていましたが、好きな本はなるべく図書館で借りる事にします。

便利な時代ですねネットで予約が出来るようなので、早速会員登録をしました。


新刊本は利用者が多いので借りる事が出来るまで日数がかかりますが、この程度は我慢します。

まだまだ節約が出来る事が有りそうなので検討中です。  


Posted by 審査 at 17:29Comments(0)日記

2016年08月14日

どうしても減らない民家貸し出し

腹積もりはしていましたが35世代の住居貸付が生計に重くのしかかります。
断然最初の10世代は弁済しても弁済しても利息ばかりで元金はまるで変わりません。

こどもが小さかった時分は必死に切り詰めては貯金して、
2回ほど繰り上げ弁済もしましたが焼け石に水状態です。

もっと追い討ちをかけたのがリーマン力抜け以降のインセンティブ急落だ。
インセンティブ払い併用にしなければ良かったと後悔しても手遅れで、
恥を忍んで両親に割賦したこともあります。

私も素因ながら行ない取りかかり、ひと息ついた時分には学費がどんと増えました。
費消は一大割合は残金は減らず、めげそうになることもあります。

皆済したら、近場でも1泊も良いので温泉に浸かり、
人を称えることを夢見て今日も頑張って職業をめぐってしまう。
  


Posted by 審査 at 11:48Comments(0)日記

2016年03月17日

謎の八千円のゆくえ

先ほどからずっと八千円のことで悩んでいます。
家計簿の帳尻がどうしても合わないのです。

つい面倒くさくてためてしまった半月分のレシートを整理して、それを家計簿に記して計算して、普段ならここで終わるはずなんですが今回はなんでか八千円も現金が足らないんですよね。

そんなに細かく付けているわけではないのですが、さすがに放っておけない額なので必死に記憶の糸をたぐります。
まずレシートをくれない床屋やガソリンスタンド。この辺は家計簿に書き落としがちです。

そして子供の学校の集金、冠婚葬祭あたりも怪しいかな。思い出せない気持ち悪さで体がむずむずしてきます。

家族が帰ったら、何か手がかりがないかいろいろ聞いてみようと思います。

その前に、これからは家計簿はきちんと毎日つけるべきだなと固く心に誓いました。
  


Posted by 審査 at 10:46Comments(0)日記